スケーターにおすすめのハイソックス10選!

スケーターハイソックス

スケーターにおすすめのハイソックスの選び方

スケボーで履くハイソックスの選び方は、足元を注目するのでデザインも大事ですが、何よりケガ防止や機能性を第一に考えて選ぶことが重要です。当然ですが、スケボーは足指の力を使うので、普通のソックスではすぐ指やカカトに穴が開いてしまいますし、シューズと馴染まなかったりします。ソックスは厚手のもので、クッション性を持たせているものを選びましょう。つま先はクッション性があるか、土踏まずはフィットしているかを確認します。他には、激しく動いても途中ずれ落ちないように、程よく締め付け感があるかも大切です。さらに速乾機能があれば、長時間履いてもより快適に過ごすことができます。

スケーターにおすすめのハイソックス

STANCE SOCKS(スタンスソックス)

その1「STANCE SOCKS(スタンスソックス)」
STANCE SOCKS(スタンスソックス)は靴下をキャンバスに見立てて、自由に絵柄が表現されており非常にオリジナリティに溢れています。


ファッション性の高さからスケーター以外にも各方面から人気が高く、プロスケーターはもちろんおしゃれに敏感な人からも日常使い用として熱い支持を集める理由です。商品に使用されている柄はボタニカル柄やハイビスカス柄など幅広く、スケーターに向いているロング丈が用意されています。

HUF(ハフ)

その2「HUF(ハフ)」は葉柄のソックスが定番
HUF(ハフ)は、プロスケーターのキース・ハフナゲルがサンフランシスコにお店を開いたのが始まりであり、オリジナル商品をはじめNIKEやadidasなどのブランドと商品展開をしたり、人気ラッパーとの共同開発商品なども多数発表している特徴を持ちます。

人気は葉柄のソックスで、カラーバリエーションも豊富なので20代の若い層から熱く支持されています。

VOLCOM(ボルコム)

その3「VOLCOM(ボルコム)」
VOLCOM(ボルコム)は1991年の設立から、スケートボードやサーフィン、スノーボードなどの「3S」のファッションをリードし続けてきたブランドで、前衛的でメッセージ性の高いデザインは世界中の個性的なファンを中心に人気が高くなっています。


コンセプトには体制に反抗する若者という意味を込めていることも特徴的です。

WHIMSY SOCKS(ウィムジーソックス)

その4「WHIMSY SOCKS(ウィムジーソックス)」
WHIMSY SOCKS(ウィムジーソックス)は、日本のスケーターである中井宗太が立ち上げたブランドです。


全国でゲリラ的にポップアップショップを繰り返すなど話題性も豊富であり、業界に衝撃を与え続けています。日本発信の靴下ブランドとしても注目されており、流行に敏感な人を中心にファッション性の高さが支持されている理由です。

TOY MACHINE(トイマシーン)

その5「TOY MACHINE(トイマシーン)」
TOY MACHINE(トイマシーン)は、カリフォルニア出身のアーティストであるエド・テンプルトンが設立したブランドです。


人気キャラクターであるモンスターを取り入れたデザインは個性的で、メッセージ性の強いアートワークが魅力的となっています。遊び心のある模様が幅広い世代から愛されています。

POLAR SKATE CO(ポーラースケートカンパニー)

その6「POLAR SKATE CO(ポーラースケートカンパニー)」
POLAR SKATE CO(ポーラースケートカンパニー)は、スウェーデン出身のプロスケーターであるポンタス・アルブが手掛けたブランドです。


スケーターとして活躍する傍ら、映像作家でもあるポンタスの洗練された世界観は芸術的として評価されており、芸術業界をはじめファッション業界まで幅広く支持を集めている注目のブランドの一つです。最も勢いがある特徴を持っており、今後の展開も世界中から注目されています。

SPITFIRE(スピットファイヤー)

その7「SPITFIRE(スピットファイヤー)」
SPITFIRE(スピットファイヤー)は、火の玉のキャラクターが有名なブランドでありアメリカを中心に人気が高いです。


強烈なキャラクター入りの靴下とショートパンツという組み合わせは、一時期大流行を起こし現在も愛されているスタイルです。SPITFIRE(スピットファイヤー)で取り扱いされているソックスは肉厚の生地を採用しており、足首をしっかり保護してくれるので、足元を大切にするスケーター向きとして人気があります。

INDEPENDENT(インディペンデント)

その8「INDEPENDENT(インディペンデント)」
INDEPENDENT(インディペンデント)は、1976年にブランドが誕生し長年にわたってプロスケーターに愛用されてきたブランドです。


このブランドのコンセプトは魅力的なグラインドであり、スケートボードファンをはじめ多くの人が一度は目にしたことのある定番ブランドマークのクロスのロゴが魅力となっています。

BRONSON SPEED CO(ブロンソンスピードカンパニー)

その9「BRONSON SPEED CO(ブロンソンスピードカンパニー)」
BRONSON SPEED CO(ブロンソンスピードカンパニー)は、2015年に立ち上げられたばかりの次世代型ブランドである「BRONSON SPEED CO」のアパレルラインです。


このブランドから販売されている商品のデザインの基調は、ブランドカラーでもある橙や黒を積極的に採用しており、シンプルなのに上品に仕上げられているので、幅広い世代から支持されています。

SOCCO(ソッコ)

その10「SOCCO(ソッコ)」
「SOCCO(ソッコ)」は、今アメリカで1番人気のソックスブランドといわれており昔ながらのクラシックなデザインが人気です。


レトロなストライプ柄が印象的であり、見た目は特徴的なアメリカンテイストです。スケーターだけではなくカジュアルファッションにも合う逸品としておしゃれに敏感な若者を中心に支持されています。ソックスはふっくらとした履き心地で、高品質であることからスケートボード以外の用途にもおすすめです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。