関西でグランピングにおすすめの宿泊施設10選!

関西のグランピングおすすめ施設予約

関西でおすすめのグランピング施設をご紹介します。

GRAX HANARE / 京都


ひとつめはGRAX HANAREをご紹介します。
こちらは京都府南丹市に所在するアウトドアリゾートです。大自然の中でバーベキューディナーを堪能し、快適なベッドの中でゆっくりと眠るなど、みんなで泊まれて誰でも気軽に楽しめるリゾートとなっています。高原で快適にアウトドアを楽しめます。

グランシャリオ北斗七星 / 兵庫


次はグランシャリオ北斗七星をご紹介します。
こちらは兵庫県淡路市の淡路島公園アニメパークニジゲンノモリにあるグランピング施設です。淡路島に広がる満点の星空を堪能することができます。食事は東京ミッドタウンをはじめ、国内外に13店舗のお店を持つ山下春幸監修です。淡路島の農業・漁業・畜産関係者と交流、意見交換を重ね、淡路島が「御食国」と呼ばれる所以になぞらえてここでしか味わえない料理を楽しむことができます。

パームガーデン舞洲 / 大阪


次はパームガーデン舞洲をご紹介します。
こちらは大阪府大阪市此花区のベイエリアに所在するグランピング施設です。女性やキャンプ初心者でも安心です。日帰りバーベキューなども充実しており、「誰もが美味しいグラマラスなバーベキューを」というテーマのもと、簡単かつ美味しさとクオリティにこだわり、誰でも手軽に本格的な味を楽しめます。

ネスタリゾート神戸 / 兵庫


次はネスタリゾート神戸をご紹介します。
こちらは兵庫県神戸市に所在する大自然の冒険テーマパークです。約230万㎡にもおよぶ広大な敷地に入場料のみで楽しめるアクティビティやグランピング、天然温泉まで全部で60以上もの施設が勢揃いしています。愛犬と一緒に宿泊できる施設もあります。

峰山高原ホテルリラクシア / 兵庫


次は峰山高原ホテルリラクシアをご紹介します。
こちらは兵庫県神崎郡に所在する星空の見えるリゾートホテルです。森、山、滝などを見て散歩をしたり、テニスコートやストライダーなどの屋外アクティビティで楽しんだり、大自然の中でバーベキューを堪能したり、標高930mの高原で爽やかな時間を過ごすことができます。

奥琵琶湖マキノグランドパーク / 滋賀


次は奥琵琶湖マキノグランドパークをご紹介します。
こちらは滋賀県内のホテルでは初となるグランピング施設で、琵琶湖の湖畔でキャンプを楽しむことができます。玉ねぎテントの愛称で親しまれているロータスベルのテントや、プライベートビーチでのバーベキューなどラグジュアリーな雰囲気を味わうことができます。

山荘 天の里 / 和歌山


次は山荘 天の里をご紹介します。
こちらは和歌山県伊都郡、高野山麓に所在する施設です。高野山へ車で30分なので観光の拠点としても最適です。館内は紀州の杉や檜をふんだんに使った贅沢な造りが特徴的で、日常を忘れて極上のひと時を過ごすことができます。

ロッジ ふじなし / 兵庫


次はロッジ ふじなしをご紹介します。
こちらは兵庫県養父市の若杉高原に所在する施設です。自然あふれるアットホームな宿で、専用の無料駐車場や乾燥室も完備しています。景色抜群のテラスでの卓上炭火バーベキューやグランピングがおすすめです。夜は満点の星空が広がり、初夏にはホタルを見ることもできます。

リソラ レインボー / 和歌山


次はリソラ レインボーをご紹介します。
こちらは和歌山県和歌山市に所在する施設です。日帰りプラン、宿泊プラン共に充実しており、夕食は空の下で屋外バーベキューを楽しむことができます。海に沈む夕日を漁船から鑑賞することができるサンセットクルーズなどもあります。

グランドーム京都天橋立 / 京都


次はグランドーム京都天橋立をご紹介します。
こちらは京都の天橋立駅から車で20分程の位置に所在しており、天橋立を様々な角度から楽しむことができる施設です。ドームテントはかなり開放感を感じる大きさで、通常のテントよりも強度があり頑丈なのが特徴です。強風や大雨などの悪天候にも優れた耐久性があるので安心して泊まることができます。また、ドームは中が2重構造になっているので断熱性もあり、外気温の影響を受けにくく真夏や寒い冬でも快適に過ごすことができます。海が見え、川遊びもできる最高のロケーションです。

関西で冬のグランピングのおすすめポイント

その1「穏やかな天候が魅力」関西地方は冬でも平均気温が16度なので、オートキャンプ場でグランピングをしても寒さが堪えません。比較的晴れ間が多く、存分に冬の空の下でもグランピングを満喫できることでしょう。小さなお子さんから中高年まで楽しめるスポットが多いです。

その2「食材販売店が併設されている」関西のグランピングスポットは一種のテーマパークになっている所が多く、グランピングに必要な食材や炭を販売しているお店も併設されています。中にはテントやBBQ用品など一式をレンタルしているところもあるので、手ぶらで現地に赴くことも可能です。

その3「車が無くても楽しめる」グランピングというと、たくさんのキャンプ用品を持って車で現地に向かう場合が多いですが関西の場合は駅からほど近い場所に専用施設があり、そこで必要な道具一式を借りられる場所もあります。家に車が無い方でも、気楽にアウトドアを楽しむことが可能です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。