北海道でグランピングにおすすめの宿泊施設5選!

北海道のグランピングおすすめ施設予約

「グランピング」は「グラマラス」と「キャンプ」を合わせた造語で、自然の中で快適かつ贅沢にキャンプを楽しむことをいいます。大自然の中で、暖かいベット付きの大きなテントや、豪華な夕食や朝食などのホテルのようなサービスを受けることができるのが魅力です。

フェーリエンドルフ


河西郡中札内村にある「フェーリエンドルフ」では、森の中にある3タイプのコテージを選んで宿泊できます。夜は温かなベッドと暖炉のあるダイニングで、仲間や家族とのんびりとくつろぐことができるでしょう。また、本場ベルギー製のコットンテントに宿泊することもでき、女性だけでも手ぶらで本格的なバーベキューを楽しめます。

しんしのつ温泉たっぷの湯


石狩郡新篠津村の「しんしのつ温泉たっぷの湯」は、湖畔のウッドデッキに設置された大型テントと、すぐに入りに行くことができる温泉が何よりも魅力です。すぐ隣りにはゴルフ場があるので、キャンプ明けの早朝からラウンドすることも可能です。

ログホテル メープルロッジ


「ログホテル メープルロッジ」は、岩見沢市の大自然の中で、手軽にグランピングを楽しめる施設です。観光果樹園や、4面のテニスコートなども併設されており、キャンプついでの楽しみが多いのもうれしいポイント。岩見沢産の野菜や、道産鶏や自家製ベーコンを味わえる豪華なディナーを、星空の下で満喫できます。

知床ヴィラホテル フリーズ


世界遺産にほど近い「知床ヴィラホテル フリーズ」では、オーナーご一家が一から作り上げた6室の露天風呂付きのコテージに宿泊できます。朝はテラスで心地よい風を感じながら、丁寧に作られたBLTサンドと、ミネストローネをいただけるゆっくりとした時間に、心も満たされるようです。

本別温泉グランドホテル


「本別温泉グランドホテル」は、肌がすべすべになると評判の、無色透明の泉質の本別温泉内にあります。夕飯は地元和牛「美蘭牛」のバーベキューをお腹いっぱい堪能でき、夜は定員4名の広々としたテントでくつろぐことができます。市街地や、大雪山連山が一望できる神居山展望台へ星を観にいくのも、グランピングの楽しみとなるでしょう。

北海道で冬のグランピングのおすすめの宿泊施設

その1知床ヴィラホテル「フリーズ」
世界遺産にも登録されている知床のヴィラで、6棟のヴィラが設置されています。百名山にも指定されていて、他では中々味わえないロケーションを静かに眺めることができます。全棟に露天風呂が付いていて、日帰りもできるため、利用しやすいです。

その2中札内農村休暇村「フェーリエンドルフ」
十勝平野の中心周辺に位置していて、グランピングのコテージは5月から10月までで、グランピングテントは秋からのオープンです。コテージにはキッチンや暖炉などが付いていて、ウッドデッキにはバーベキューを楽しめるスペースも設けられています。

その3MEMUEARTHHOTEL
十勝平野の南部に位置していて、太平洋に面した大樹町にあります。宿泊のタイプは3種類あって、ファミリーに合ったタイプやペア向けのタイプなどがあり、天井が無くベッドだけが置かれている開放感あふれるタイプの部屋もあります。満天の星空に囲まれながら、眠りにつくことができます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。