千葉でグランピングにおすすめの宿泊施設5選!

千葉のグランピングおすすめ施設予約

テントイチノミヤ千葉


「テントイチノミヤ千葉」は、道具を使ったり面倒な作業をしなくても快適に利用することができます。自然豊かな場所にいながらも、まるでホテルに滞在しているような心地の良い空間を提供しています。地球と遊ぶということを主なコンセプトとして、物を持参することなく手ぶらで海や食事、BBQなどを楽しみたいと考えているときにおすすめです。

鹿の音がこだまする御宿


「鹿の音がこだまする御宿」は、周囲に滝や植物などが溢れていて自然を満喫することができます。施設の名前からも分かるように、鹿や野鳥などを観察することができる環境です。都心からのアクセスもしやすいため、いつでも気軽にグランピングを楽しむことができます。宿泊施設だけでなく食事やお風呂に至るまでサービス充実しているので子どもがいても安心です。

Nakadaki千葉


「Nakadaki千葉」は、静かな環境でゆったりとした時間を家族で過ごしていきたいと思っている場合に良いです。森の中に位置しており、森での生活を疑似体験することができます。停まることができる施設は全部で三種類あり、それぞれ違った雰囲気を感じることができます。目的や好みなどに合わせて選択すると良いでしょう。

キャメルホテルリゾート


「キャメルホテルリゾート」は、広々として開放感のあるつくりとなっています。子ども連れなどの人数が多い場合にも最適です。プライベートエリアが充実していて、ハンモックやガーデンテーブルなど設備も非常に充実しています。大浴場が設置してあるので、汗をかいたり活発に行動した後でも、お風呂に入って疲れを癒すことができます。

サヤン・テラス


「サヤン・テラス」は、海岸近くに位置しているグランピング施設です。リゾート地に滞在しているような爽やかな気持ちになりながら、自然の中で様々な経験をすることができます。海まで歩いてすぐ行くことができるということも魅力の一つです。周りにはアクティビティが豊富に用意されているので、飽きることなく特別な一日を過ごすことができるでしょう。

千葉で冬のグランピングのおすすめポイント

その1「空気が澄んでいて景色が綺麗」千葉で冬にグランピングをするときのおすすめのポイントは、なんといっても空気が澄んでいるために綺麗に見える景色です。都心から比較的短時間で行くことができる距離にありながら、水と緑に恵まれた千葉は、冬ならではの木立や川辺の美しさが見られます。

その2「虫の心配がない」自然豊かなアウトドアで木々に囲まれて過ごしたいけれど虫が苦手という人もいるでしょう。千葉でも温かい季節は虫に悩まされることがあります。その点、気温の下がった冬のグランピングなら、蚊やハエ・蛾などの虫もいないので、昆虫が苦手な人もストレスがありません。

その3「オフシーズンなので予約が取りやすい」千葉でのグランピング施設は、年間を通して営業しているところが多いです。しかし一般的に春・夏・秋のほうが利用客が多いため、冬はオフシーズンとなります。人気の高いグランピング施設でも、他の季節と比べると予約がとりやすくなる可能性があるため、狙い目です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。