キャンプとグランピングの違いって?必要な持ち物は?

キャンプとグランピングの違い

キャンプとグランピングの違いですが、グランピングというのは「グラマラス」と「キャンピング」を合わせた造語です。グランピングは、新しい形式のアウトドアの楽しみ方として注目されています。グラマラスといえば、スタイルがグラマーのように体型的なことを指す場合に使われますが、「魅力的な」という意味になります。魅力的なキャンプと考えると良いでしょう。

通常のキャンプで必要な持ち物

通常のキャンプで必要な持ち物にはテントや床に敷くマット、テーブルや椅子、灯りをともすランタン、寝袋などが必要です。料理をするということであれば、カセットコンロやナイフ、まな板などの調理器具が必要になるでしょう。バーベキューをする場合は、バーベキューグリルなども揃えなければなりません。

グランピングで必要な持ち物

グランピングで必要な持ち物ですが、ほとんど手ぶらで参加できます。もちろんアウトドアをする以上テントや寝袋などの用具は必要になりますけど、すべて主催する企業側が準備してくれます。特別な物を持って行く必要はありません。参加する側は、アウトドアの雰囲気だけ満喫することができます。食事なども付いていますから、料理をする手間も省けます。グランピングにはランクがあり、グランピングに必要な持ち物を選ぶことができます。豪華なキャンプを楽しみたい場合はランクが上のプランになりますし、質素なキャンプでいい場合は通常のキャンプで必要な持ち物を揃える程度でもかまいません。予算しだいでグランピングのランクが決まります。
とはいえアウトドアですから虫除け対策やボディケアなどは自分で用意が必要です。また、雰囲気を盛り上げるためのウィンドスピナーやマーキーライトなどアウトドアのおしゃれグッズも持っていくと楽しさがアップします。

キャンプ・アウトドアに持っていきたい持ち物10選

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。